こどもの読書ノート

小学生から高校生が読んで面白そうな本を並べています。本をクリックするとAmazonへ行きます。カスタマーレビュー他、詳しい内容が見られます。
 
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


ジャンバラヤバナー


最近のコメント
最近のトラックバック
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ひとしずくの水
ひとしずくの水
ひとしずくの水
ウォルター ウィック(著)林田 康一(訳)
これからひとしずくの水と一緒に旅をしてみませんか。
雲のしずく
雨のしずく
雪を作るしずく
虹をつくるしずく
ひとしずくの水から色々な事が見えてきます。
ミクロの世界で起こっている事
身の回りでよく目にすること
高い空でおこっていること
みんなつながっています。
ひとしずくの水の終わりの無い旅から自然というものの面白さ、科学的ものの見方をしることができるでしょう。
子供達に大人気・写真パズル絵本ミッケ!シリーズで有名なウォルター・ウィックが、写真への情熱と技術的探求、それに科学への興味がむすびついて生まれた写真科学絵本。
あえてトリック撮影を使わず、オーソドックスな写真技術を使って撮影した素晴らしい写真が出色。
私の利用している図書館では、この本は「43」(子供用の科学ジャンルの棚)に並べてあり、高さが足りなので横向きに並べてあったり、他の大型本と一緒に並べてあり探すのに苦労しました。

科学の本と言えば科学の本ですが、アマゾンでは大型絵本として取り扱っているようです。
う〜ん、難しい問題です。
スポンサーサイト
- | 21:56 | - | -
コメント
from: winter-cosmos   2005/01/08 4:01 PM
 申し訳ないですが、記事を訂正していただかないと困ります。私は自分の記事でも裏づけのない事は書かないようにしています。
 よろしくお願いいたします。
from: winter-cosmos   2005/01/07 10:10 PM
 ごめんなさい、うまく伝わらなかったみたいです。この本のカバーをはずしていたのは、近くの市立図書館です。ブッカーをかければOKだと思うのですが。
 もっと大きな本でも、ブッカーがかけてあるものもあったんですけど。何か基準があるのかも知れませんね。
 国会図書館のカバーの件は、テレビで見たのかな。保管の都合上カバーをどんどんはずしておられるのを。

コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://narunia.jugem.cc/trackback/359
   久しぶりに買いたい絵本を見つけました。  以前紹介させていただいた、京都市
緑の森を楽しく歩いた | 2005/01/07 10:12 PM
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"

昨日 今日