こどもの読書ノート

小学生から高校生が読んで面白そうな本を並べています。本をクリックするとAmazonへ行きます。カスタマーレビュー他、詳しい内容が見られます。
 
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


ジャンバラヤバナー


最近のコメント
最近のトラックバック
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
スキッピングクリスマス
スキッピング・クリスマス
スキッピング・クリスマス
ジョン グリシャム(著)白石 朗(訳)
会計士のルーサーは、一人娘のいない今年のクリスマスを「スキップ(さぼる)」することを妻のノーラに提案。クリスマス当日から10日間、カリブ海に出かけようというのだ。しかし、この決断が大きな波紋を投げかけ…。
ザ・ファーム 法律事務所」「依頼人」「レインメーカー」などの法廷物で有名なジョン・グリシャムがクリスマス作品を書いた!!
アメリカ映画に出てくるイルミネーション煌くクリスマス風景やパーティを準備するのはこんなに大変だったのかとビックリ仰天。
表紙の一軒だけ電飾ゆきだるま(スノーマン)が屋根に乗っていないのがルーサーの家。
アメリカって個人主義のイメージが強かったけど、一軒だけクリスマスに飾り付けずスノーマンを屋根に載せないとこんなに肩身の狭い思いをするのね。
さまざまな大騒動の末、最後は家族や近所のつながりにたどり着く。
Christmas with the Kranksの題名で映画化。
スポンサーサイト
- | 09:33 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://narunia.jugem.cc/trackback/355
ジョン・グリシャムと聞くと、つい期待してしまう、 ドキドキの法廷劇も、意外な展開も、鮮やかなどんでん返しも、ない。 いやある意味、衝撃の大どんでん返しに、思わずニヤっとさせられるけど。 クリスマスなんて、馬鹿げてる。 お金も時間も何もかも、無駄遣いな
*モナミ* | 2005/09/03 4:37 PM
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"

昨日 今日