こどもの読書ノート

小学生から高校生が読んで面白そうな本を並べています。本をクリックするとAmazonへ行きます。カスタマーレビュー他、詳しい内容が見られます。
 
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


ジャンバラヤバナー


最近のコメント
最近のトラックバック
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
豚のPちゃんと32人の小学生
豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日
豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日
黒田 恭史(作)
平成2年〜4年にかけて、大阪北部の小学校で、豚の飼育を通して教育を考え、命を見なおそうとした実践が展開され、話題となった。教育の現場で「命」をどのように教えることができるのか、経験させることができるか―。本書は、答えを求め続けた900日間にわたる「命の授業」の記録である。
「たけしの教育白書」で紹介され再び話題の「命の授業」
この先生の行動には賛否両論あるでしょうが、一緒に考えるべき問題だと思います。

大人もハマる週末面白実験
大人もハマる週末面白実験
大人もハマる週末面白実験
左巻 健男, 滝川 洋二, こうの にしき(編著)
研究者もびっくりするような本格派から、インパクトばつぐん面白作品まで自宅で簡単にできる科学実験の傑作34本を紹介。
読売新聞で好評を博した連載、待望の新書化。

現代の子供達に好奇心や意欲が欠けており、理科のように地道に学ばないと面白さが感じられない興味が離れていると言われます。
しかし、編著者らが実験教室などでたくさんの子供達に接していて自信を持っていえることは、科学の不思議を秘めた、面白い実験・ものづくりには目をキラキラさせて取り組むということです。
ヤンキー流法律指南
ヤンキー流法律指南 -スレスレの防衛術-
ヤンキー流法律指南 -スレスレの防衛術-
金崎 浩之
「ドラゴン桜」原作・三田紀房氏も驚いた!
まさに桜木そのものの金崎先生。この課外授業はマジでヤバイぞ!」
暴走族・ブラックエンペラーの幹部から弁護士になった男が説く。
でたらめな世の中を生き抜く秘訣を教えてやる。
最後のパートナー
最後のパートナー―盲導犬を引退した犬たち
最後のパートナー―盲導犬を引退した犬たち
西田 深(文) 西田 章,(写真)石黒 謙吾(構成)
引退犬ボランティアは、盲導犬にとって「最後の家族」であり、「最後のパートナー」
「人を信じ、人とともに生きてきた盲導犬を人として最後まで裏切ることなくその犬生をまっとうさせてやりたい。」という動機から引退犬ボランティアをはじめた西田夫妻の13年間の記録。
引退した後の生活が心配で盲導犬を持つ事をためらっている視覚障害者の悩み。
生ませの親・パピーウォーカー・訓練所の人達・沢山の人の愛情によって盲導犬は生まれる。そして引退犬ボランティアの手によって見取られて安らかに旅立っていく。

毎日が同じように過ぎていく中で、彼らの時間だけが私たちのそれより早く流れていました。
ほんの数ヶ月前までボールを追いかけていた子が、ボールを見ても興味を示さなくなり眠っている時間が長くなってきます。
13歳を過ぎた頃から急激に老いが目立つようになってきます。
それはまるで人間の老年期の縮図を見るようです。

臆病者と呼ばれても
臆病者と呼ばれても―良心的兵役拒否者たちの戦い
臆病者と呼ばれても―良心的兵役拒否者たちの戦い
マーカス セジウィック(著)金原 瑞人& 天川 佳代子(訳)
1916年、イギリスでは第一次世界大戦が長びきそうな様相を見せ始めており、兵士不足から初の「徴兵制」が制定された。召集令状を受け取った主人公、30歳のハワードと20歳のアルフレッドは、戦うことを拒んだため、「良心的兵役拒否者」として、世間から後ろ指をさされ、軍部からも体罰を受けたり脅かされたりする。しかし彼らは最後まで圧力に屈することなく信念を貫いていく…。

「人を殺すことは、罪である」
戦争で戦うことを拒んだハワードとアルフレッドは世間からは臆病者と呼ばれ、軍部からも体罰・拷問を受ける。
しかし彼らは最後まで命をかけて自分の信じる道をつらぬこうとする。

震度7―新潟県中越地震を忘れない
震度7―新潟県中越地震を忘れない
震度7―新潟県中越地震を忘れない
松岡 達英(著)
2004年10月23日17時56分。
その瞬間、部屋がひし形にゆがむのが見えた。
山は崩れ、大地は裂けた。
でも、りんとして咲いていたあの花が、大切な事を教えてくれた。

地震はたくさんのものを奪っていった。
しかし、地震は、自然の大きさ、人間の強さとあたたかさを教えてくれた。

自分の身を自分で守る「地震マニュアル」付き
切り取って使える「サバイバルカード」付き

この本の売り上げの一部は被災地の復興のために寄付されます。

アレ何?大辞典
アレ何?大事典
アレ何?大事典
佐々木 正孝(著)篠崎 晃一(監修)
知っているようで知らない日常生活でよく見かける役250のアレの名前。あなたのもどかしい思いを一気に解消します。
山古志村のマリと三匹の子犬
山古志村のマリと三匹の子犬
山古志村のマリと三匹の子犬
桑原 真二・大野 一興(著)ikko(絵)

マリは戦いました。
中越地震の日に生んだ3匹の子供の為に・・・

雑草たちの陣取り合戦
雑草たちの陣取り合戦―身近な自然のしくみをときあかす
雑草たちの陣取り合戦―身近な自然のしくみをときあかす
根本 正之

東京農大教授の著者が雑草研究をもとに、中高校生向きに身近な自然の仕組みを解説した。
雑草が仲間たちと競争や共存しながら生活している生き様を教えてくれる。
年中無休スタジアム
年中無休スタジアム―スポーツノンフィクション選
年中無休スタジアム―スポーツノンフィクション選
井上康生、秋田豊、安藤美姫、日本シリーズ、高校サッカー……乙武洋匡が駆け抜けた、スポーツの世界。
甲子園からアテネまで、今日も明日も感動を求めて、スポーツライター・オトタケ、走る、走る
スポーツライター・乙武洋匡が愛車を駆使して丹念にリポート。
「五体不満足」のベストセラーで取材される側の気持ちがわかる乙武洋匡だから書けるノンフィクション。

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"

昨日 今日