こどもの読書ノート

小学生から高校生が読んで面白そうな本を並べています。本をクリックするとAmazonへ行きます。カスタマーレビュー他、詳しい内容が見られます。
 
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


ジャンバラヤバナー


最近のコメント
最近のトラックバック
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
木を植えた男(人)
木を植えた男木を植えた人
ただ独り黙々と希望の実を植え続け、荒れ地を森によみがえらせた男の物語『木を植えた男』。
ひたすら無私に、何の報いも求めなかった老農夫エルゼアール・ブッフィエの高潔な魂は、今も読む人の胸をうちます。
本当に世の中を変えるのは、権力や富ではなく、また、数と力を頼む行動や声高な主張でもなく、静かな持続する意思に支えられた、力まず、目立たず、粘り強く、無私な行為です。

本文わずか42P!
羅生門・蜘蛛の糸
羅生門 蜘蛛の糸 杜子春―外十八篇
羅生門 蜘蛛の糸 杜子春―外十八篇
芥川 竜之介
芥川賞で有名な明治の文豪。

「蜘蛛の糸」
地獄に落ちたカンダタは、釈迦から地獄脱出の機会を与えられたが、自分のエゴイズムのためにその幸福を逃がしてしまいます。

「羅生門」
「羅城門登上層見死人盗人語第十八」に題材を取り、人間のエゴイズムについて作者自身の解釈を加えたもの。
ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞およびアカデミー賞外国語映画賞を受賞し、一躍世界に黒澤明監督の名前をとどろかせた大傑作「羅生門」の原作は「藪の中」です。ビデオを見て感想文を書こうとしてもダメですよ(*^_^*)

芥川龍之介は著作権が切れているので”青空文庫”からダウンロードできます。
続きを読む >>
にごりえ・たけくらべ
にごりえ・たけくらべにごりえ・たけくらべ
樋口 一葉
落ちぶれた愛人の源七とも自由に逢えず、自暴自棄の日を送る銘酒屋のお力を通して、社会の底辺で悶える女を描いた『にごりえ』。今を盛りの遊女を姉に持つ14歳の美登利と、ゆくゆくは僧侶になる定めの信如との思春期の淡く密かな恋を描いた『たけくらべ』。
樋口一葉は2004年11月から新5000札の顔になるので注目の作家。
冬ボーナス“新顔”で 新紙幣、樋口一葉ら11月に登場

樋口一葉は著作権が切れているので青空文庫からダウンロードする事もできます。
高瀬舟
高瀬舟    集英社文庫
高瀬舟 集英社文庫
森 鴎外
数年前まで中学3年生の国語教科書にも採用されていた名作。
旧仮名遣いで読みにくい部分もありますが、「安楽死」「足るを知る」など現代に通じるものもある作品です。

森鴎外の著作権保護期限は切れていますので青空文庫からダウンロードする事もできます。
続きを読む >>
盲導犬クイールの一生
盲導犬クイールの一生
盲導犬クイールの一生
石黒 謙吾(文) 秋元 良平(写真)
秋元良平さんの写真集「盲導犬になったクイール」に感動した石黒健吾さんが「ぜひ自分に文をつけさせて欲しい」と志願して出来た本。

無邪気な幼犬クイール
パピーウォーカーの仁井夫妻の暖かいまなざし
仁井夫妻と別れる時のクイールの後姿
盲導犬になり自立した犬としての誇り高い横顔
使用者・渡辺さんの足元でステイするクイール
デモンストレーション犬時代のクイール
引退後仁井夫妻の元に戻ったクイール
筋肉が落ち、毛艶も衰えて老いたクイール
そして仁井夫妻に看取られての穏やかな死

写真がすべて語ってくれます。
天国の本屋
天国の本屋
天国の本屋
松久淳+田中渉
竹内結子主演で映画化。文が少ないのですぐ読めます。
夜回り先生
夜回り先生
夜回り先生
水谷 修
写真が多く、字も大きいのですぐ読めます。
悩んだら電話しなさい。水谷は、どこでも会いにいくよ。
不登校、ひきこもり、リストカット、薬物乱用… 12年間夜の街を回り、5000人の生徒と向き合った 「夜回り先生」が激動の半生を振り返る

種をまく人
種をまく人
種をまく人
ポール・フライシュマン(著)片岡 しのぶ(訳)
1999年読書感想文コンクールの課題図書(中学校の部)なので置いてある図書館は多いと思います。

さまざまな人種がうずまく貧民街の一角、だれも気にとめなかったゴミ溜めに、ひとりの女の子がマメの種を蒔きます。そのあと、ひとり、またひとりと、いろいろな人がそこに畑をつくるようになり…。


たったひとつのたからもの
たったひとつのたからもの
たったひとつのたからもの
加藤 浩美
あなたに会えて 本当に良かった〜♪
話題のCMの本です。
半分写真なので字が少な目ですが、感動的な話なので感想文は書きやすいと思います。
続きを読む >>
きいちゃん
きいちゃん
きいちゃん
山元 加津子(著) 多田 順(絵)
2000年読書感想文コンクールの課題図書(中学校の部)なので置いてある図書館が多いと思います。
小さい頃の高熱がもとで、手足の不自由なきいちゃんはお姉さんの結婚式に出席する事をとても楽しみにしていました。
ところがお母さんは婚約者の家族の目を気にして、きいちゃんに出席を遠慮して欲しいといいました。
きいちゃんは大好きなお姉ちゃんのために何日もかかって夕日色のゆかたを縫い上げてお姉さんに送りました。
きいちゃんの着物を受け取ったお姉さんと婚約者はある決心をします。

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"

昨日 今日